水無月

2020年も6月へ。

新型コロナウィルス感染拡大により影響を受けられている皆様へ心よりお見舞い申し上げます。

期間中も休む事なく対応して下さっていた方々への感謝を。

オンラインストアやテイクアウト、ライブや音源の配信など、皆様のそれぞれの決断に心の中でたくさんの拍手を送りながら、私は私ができる事を続けております。

私の今後の予定としましては、6月10日(水)に写真展のオープニングにて少数限定の演奏会をさせて頂く事となりました。
次の投稿にて改めてお知らせさせて頂きますね。

小さな音ですが、少しでも寄り添えたら嬉しいです。

深呼吸をして、心穏やかに、健やかな日々をお過ごし下さい。

1st Anniversary!!!

CD「Luminescence」
2019年、春分の日のリリースから1年。
25分56秒の音の記憶が、これからも誰かの日々の暮らしにそっと寄り添い、物語を繋ぎ続けていくことを願って。



Luminescence / Shuhei Nishimura
[2019.03.21 Release]
LCLW-01 [CD] 1 Track
1,300yen(w/tax

1.Luminescence [25:56]

Shuhei Nishimura : guitar, all Instruments, field recording, composition, sound design
Album artwork and design : Shuhei Nishimura

Thanks|Matsushima Kei / Kanako Morita / Takuma Nakagawa
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[解説]
"Luminescence"
発光を意味するそれは、壱岐島で暮らす方々のそれぞれの人生、喜びや悲しみ。儚さ。あたたかな壱岐弁。そして、私が壱岐島へ訪れた際に見た、雲間から差し込む光。人も島もその人生も全てが発光し、輝いている。そんなイメージを紡ぎ上げました。
.
.
.
長崎・壱岐島で暮らす人々の記憶を元に紡がれた、松嶋圭[著]『陽光』(梓書院 2018年10月初版発行)、出版記念巡回展「或る島の記憶のかけら」の展覧会音楽として紡がれた「Luminescence」は実際に壱岐島の波の音や風の音、鳥や虫たちの声をフィールドレコーディングして拾い集めた音が収録されています。25分56秒の島の記憶。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Metamorphose

2020.02.04(tue)
Photo by megumi ono
Place|Beppu, Oita



立春。福岡へ帰って来て8年目の2月。
プロフィール写真を一新しました。
ここからまた紡いでいく。

2020

謹んで新春のお慶びを申し上げます。
旧年中は大変お世話になりました。
2020年が皆様にとりまして幸多き年となりますように。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

Loop Connects Label
西村周平

「組む 東京」演奏会のお知らせ

私と東京を繋ぐ大切な場所。
組む 東京にて演奏会を開催させて頂きます。

2019年12月3日(火)
会場|組む 東京
(東京都千代田区東神田1-13-16)

時間|19:00開場/19:30開演
料金|2,500円

|ご予約|
☎ 03-5825-4233
✉ contact@kumu-tokyo.jp
件名|「12/3演奏会予約」
本文|お名前・連絡先・予約人数