スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

朗読会「月と糸」

10月より販売を開始している只松靖浩さん(言葉)と藤井千晶さん(絵)による2020年 calendar「月と糸」。

11月と12月に千葉 / 福岡 / 長野の3会場で開催の販売会及び原画の展示会に伴って、只松靖浩さんが綴ったことばに音楽が寄り添う朗読会を開催します。

朗読は只松靖浩さん、朗読家 岡安圭子さん[千葉]、シミズアイコさん[福岡 / 長野]。

私はベルリンから届けられた音も共にしながら、秋宵の穏やかなひとときと言葉たちに寄り添いながら音を描いていきたいと想います。

朗読会は予約制の為、各会場へお問合せ下さい。
それぞれの地、それぞれの夜で皆様とお会いできる事を楽しみにしております。

.........

2019年11月9日(土)
朗読会「月と糸」
会場|smokebooks みのり台店
(千葉県松戸市稔台1-21-1 あかぎハイツ113号室)
時間|18:00開場/18:30開演
料金|2,000円
朗読|只松靖浩 / 岡安圭子
音楽|西村周平
ご予約|info@smokebooks.net

.........

2019年11月16日(土)
朗読会「月と糸」
会場|HACHIJU-ICHI
(福岡県福岡市中央区六本松4−5−22 2F)
時間|18:30開場/19:00開演
料金|2,000円+1drink
朗読|只松靖浩 / シミズアイコ
音楽|西村周平
ご予約|hachijuichi81@gmail.com

.........

2019年12月1日(日)
朗読会「月と糸」
会場|栞日 sioribi
(長野県松本市深志3-7-8)
時間|18:30開場/19:00開演
料金|2,000円+1drink
朗読|只松靖浩 / シミズアイコ
音楽|西村周平
ご予約|info@sioribi.jp

.........

−−−
ある町で、ひっそりと営む洋服お直し屋「月と糸」。店主はそこで、街の人たち、家族、そして自分自身の洋服に糸を通し続けてきた。時には月の灯りを頼りに。

月と糸に通う店主の孫娘は、祖母が働く姿を眺めることが好きだった。何故そう思うのか?
その答えを見つけるため、彼女は祖母のこと月と糸のこと、そして店のなかで息づく道具のことをスケッチする。祖母の縫った糸の後を追いかけるように。

月と糸は、ことばと絵を添えたカレンダーです。
大きさは220mm×100mmと細長く、1月から12月までの12枚を封筒に収めています。封筒の表紙はひとつひとつ藤井千晶が絵を描きました。販売会場では、カレンダーの販売と原画の展示、そして綴ったことばを音楽に乗せて朗読会を開催します。
−−−

.........
story
只松靖浩 / Yasuhiro Tadamatsu
2009年から2018年まで文房具店sowaleを福岡とベルリンで営む。自身で綴ったことばで、様々な作家と共に展示会を企画、開催している。

illustration
藤井千晶 / Chiaki Fujii
日本、フランス、ドイツとルーツを持ち、誰かの心にそっと寄り添えるような物語やメッセージをテキスタイルに込めて制作している。
.........

※カレンダーお取扱い店及び11月と12月に千葉、福岡、長野で開催の販売展示会に関する詳細は月と糸のInstagramページをご確認下さい。
|月と糸 Instagram|
https://instagram.com/tsuki.to.ito?igshid=s6krdn4esq9j

スポンサーサイト

コメント