"布のカタチを縁取る音"

2019年7月6日(土)
"布のカタチを縁取る音"
Cotomono Exhibition Sound Drawing
会場|テトラグラフ写真室
(福岡県福岡市博多区上川端町9-35冷泉荘A51)
時間|19:00開場/19:30開演
料金|1,500円(1drink別途)
【ご予約】
☎ 092-282-0533
✉info@tetragraph.com





"夜を灯す、背景音楽"

2019年6月29日(土)
"夜を灯す、背景音楽"
会場|Bouton
(福岡県直方市殿町2-8)
時間|19:00開場/19:30開場
料金|2,500円(1drink別途)
BGM|西村周平
【ご予約・お問合せ(bouton)】
☎080-9551-4021
✉bouton20180401@gmail.com
(営業時間 17:00-23:00 / 定休日 水曜日)

背景音楽とはBGM(BackGround Music)の事。
目線は演奏者ではなく、いつものBoutonの夜の風景へ。お酒や食事を楽しむ、本を読む、会話を楽しむ、それぞれの時間。その空間に寄り添いながら、受け取りながら、音楽家 西村周平が音を灯します。存在しないが存在する。みえるものとみえないもの。その夜にしか生まれない音楽を。



巡回展「或る島の記憶のかけら」 at 日田リベルテ

【巡回展 日田会場】
ーーーーーーーーーーーーー
2019年5月4日(土)-5月12日(日)
「陽光」出版記念
巡回展「或る島の記憶のかけら」

執筆:松嶋圭
装画:森田加奈子
装丁:中川たくま
音楽:西村周平

大分会場|日田リベルテ ギャラリースペース
(大分県日田市三本松2-6-25日田アストロボール2F)
時間|9:00-22:00
http://liberte.main.jp
ーーーーーーーーーーーーー

長崎・壱岐島で暮らす人々の記憶を元に紡がれた短編集『陽光』(梓書院 平成30年10月初版発行)。本をつくる過程で、作家と共に画家とデザイナーは島へ渡り『陽光』の記憶を辿り、音楽家も島へ渡り島の音を集めました。他者の記憶の分有と再生を『陽光』が生まれる過程から探ります。

ーーーーーーーーーーーーー
2019年5月6日(月・祝)
『陽光』出版記念
巡回展「或る島の記憶のかけら」トークイベント
会場|日田リベルテ カフェスペース
(大分県日田市三本松2-6-25 日田アストロボール2F)
時間|14:00-
料金|500円(ワンドリンク)※予約不要

長崎・壱岐島で暮らす人々の記憶を元に紡がれた短編集『陽光』。著者である松嶋圭さん、装丁を行った中川たくまさん、装画を描いた森田加奈子さんが、一冊の本が生まれる過程やその後についてお話します。また、『陽光』出版記念巡回展「或る島の記憶のかけら」の為に音楽家の西村周平さんが作曲した「Luminescence」の演奏もあります。トーク終了後には松嶋圭さんのサイン会も予定しています。
ーーーーーーーーーーーーー



"Luminescence"

【New CD!!】
春分の日。新しいはじまりの日にて。この度、皆様の言葉や想いに後押しされリリースさせて頂く事となりました。25分56秒の音の記憶。



Luminescence / Shuhei Nishimura
LCLW-01 [CD] 1 Track
1,300yen(w/tax)※価格改定(値下げしました)

1.Luminescence [25:56]

Shuhei Nishimura : guitar, all Instruments, field recording, composition, sound design
Album artwork and design : Shuhei Nishimura

Thanks|Matsushima Kei / Kanako Morita / Takuma Nakagawa
https://www.nishimurashuhei.com
ーーーーーーーーーーーーーーー
[解説]
"Luminescence"
発光を意味するそれは、壱岐島で暮らす方々のそれぞれの人生、喜びや悲しみ。儚さ。あたたかな壱岐弁。そして、私が壱岐島へ訪れた際に見た、雲間から差し込む光。人も島もその人生も全てが発光し、輝いている。そんなイメージを紡ぎ上げました。



長崎・壱岐島で暮らす人々の記憶を元に紡がれた、松嶋圭[著]『陽光』(梓書院 2018年10月初版発行)、出版記念巡回展「或る島の記憶のかけら」の展覧会音楽として紡がれた「Luminescence」は実際に壱岐島の波の音や風の音、鳥や虫たちの声をフィールドレコーディングして拾い集めた音が収録されています。25分56秒の音の記憶。
ーーーーーーーーーーーーーーー
※巡回展会場(次回2019年5月予定)や演奏会会場にて販売させて頂きます。お取り扱い店も随時お知らせ致します。



"LOOP CONNECTS+朗読" at 佐賀PERHAPS

2019年3月23日(土)は佐賀「PERHAPS」さんにてアニメーション作家/イラストレーター 馬場通友さんと共に映像と音楽のライブ"LOOP CONNECTS"を開催させて頂きます。

こちらは2019年3月16日(土)-3月24日(日)佐賀「PERHAPS」さんにて開催のカバン展「Cotomono Exhibition」内の特別企画です。

演目の中にミヒャエル・エンデ作『モモ』をテーマにしたカバン作家Cotomonoさんとのコラボ作品(シミズアイコさんの朗読付き)もございます。

期間中は「『モモ』のための10冊」として、ナツメ書店さんが『モモ』をイメージした10冊の本をご用意して下さっております。本のどこかに『モモ』の一節を書き記したしおりを挟んでいます。心に響く言葉に出会えますように。

Cotomonoカバンは新作や今回のテーマのロゴを象ったTシャツ等も追加されるそうですよ。福岡からも電車ですぐの佐賀。珈琲やビール片手にカバンや物語やPERHAPSさんの窓から見える風景を愛でる時間は格別だと想います。

展示会、そしてLOOP CONNECTS共に 皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

ーーーーーーーーーーーーー
2019年3月23日(土)
Cotomono Exhibitionn_Homage for MOMO Special Live
馬場通友(映像)×西村周平(音楽)
"LOOP CONNECTS+朗読"

会場|PERHAPS
(佐賀県佐賀市水ヶ江1-2-16)

時間|19:00開場/19:30開演
料金|3,000円(1ドリンク付き)
朗読|シミズアイコ

【ご予約・お問合せ】
☎0952-27-6262 (PERHAPS)
ーーーーーーーーーーーーー
ご予約は私の方でもお受付しておりますので、HPやTwitter、InstagramのDMからお気軽にお問合せ下さい。



【プロフィール】
馬場通友
(アニメーション作家 / イラストレーター)
1983年佐賀県生まれ。
2006年九州産業大学 芸術学部 写真学科卒業。大学卒業後、映像制作の仕事を経て2010年5月より 「アトデアニメーションズ」として活動開始。
自身の個展やアニメーションのワークショップ、テレビCMなどのアニメーション制作、雑誌のコラムページやウェブページのイラストレーション制作のかたわら、福祉施設で陶芸や絵画の講師を行っている。
atodi.org
https://html.co.jp/atodi_

西村周平
(音楽家 / Guitar)
季節・風景・人・空間・言葉から見える色を空間系エフェクトやループ等の機材を駆使し、ひとつの音へと紡ぎ上げる演奏表現で、カフェやギャラリー、本屋、家具屋など様々な地での演奏会、絵画・映像・DJ・陶芸・ヨガ・朗読とのコラボレーションや映像・web・展示会の音のデザインなど空間や誰かの日々に寄り添う音楽を紡いでいる。
nishimurashuhei.com

Cotomono
(カバン作家 / 今村素子)
福岡市在住。2003年よりカタチや色にこだわったハンドメイドでのカバンづくりを始める。2008年より展示会にて販売をスタート。これまでに海外を含む各地で展示会を開催。
キモチをカタチに…をテーマに手を動かし、カバンたちと旅する日々。